FC2ブログ

診断メーカーの短縮URLを展開

EasyBotterでPEARの代わりに、twitteroauth.phpを使う

のコメントで書きましたが、見辛かったので記事にしておきます。


短縮URLは
$h = get_headers(短縮URL , 1);
$url = $h["Location"];
で展開できるので、

診断メーカーを行っている

switch( true ) の上に
//ツイートから短縮URLを検索 
if( preg_match("/http:\/\/(.*)/" , $text , $match) ) 
{ 
  //短縮URLを抽出 
  $shorturl = $match[0]; 

  //短縮URLの展開 
  $header = @get_headers($shorturl , 1); 

  //展開したURLを格納 
  $url = $header["Location"]; 

  //診断メーカーのURLを検索 
  if( preg_match("/http:\/\/shindanmaker.com\//" , $url ) ) 
  { 
    $status = $status."[[TL]]";	 //[[TL]]をつける 
  } 
} 
 

を追加すれば、展開したURLが得られるので

診断メーカー内の

$id = preg_match("/shindanmaker.com\/(.*)\s/" , $text , $post_date); 
 




$id = preg_match("/shindanmaker.com\/(.*)\s/" , $url , $post_date); 
 


に変更すれば、IDが抽出できると思います。


タイムラインリプライの、

"http://shindanmaker.com/"=> array( 
"[[TL]]", 
), 
 


は不要になります。
スポンサーサイト



プロフィール

ルージュ

Author:ルージュ
TwiitterBotに一味足して好感度とか
色々な機能を、不適切に解説&配布

ファイルパスワードは orz

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
FC2カウンター